口臭を原因から知る!

子供がなりやすい口臭の原因

子供の口臭はこんな原因で引き起こされやすい!

子供の口臭にはいくつかの原因が考えられます。
どのような原因があるのかチェックしてみましょう!

 

 

◆歯みがきの不足

 

毎日の歯みがきが正しくできていないと口臭の原因になります。
虫歯があったり歯垢が溜まると細菌が繁殖してしまうからです。
歯垢は数時間放置しただけで細菌のエサになってしまいますので、食べたらみがく習慣をつけておくことが大切ですね。

 

子供の歯みがきはみがき残しが多いものです。
子供が自分でみがいたあとには仕上げみがきをするようにしましょう。

 

 

◆口腔内の乾燥

 

子供の口臭の原因で一番多いのが、口腔内の乾燥によるもの。
唾液には細菌の繁殖を抑制し、口腔内の汚れを落とす殺菌作用があります。
口呼吸をしていると口腔内が乾燥して唾液が少なくなりますので、口臭の原因になります。

 

口腔内が乾燥する原因として考えられるものは
・口呼吸
・よく噛まない
・水分不足
などがあります。

 

寝ているときに口を開けたままの子供は口呼吸の可能性が高いです。
口呼吸のまま睡眠すると、長時間口腔内が乾いた状態になるため口臭がきつくなります。
また、風邪などで鼻づまりになると口呼吸になりがちです。

 

噛めば噛むほど唾液が分泌されますが、最近の子供はよく噛んだりかたいものを食べる習慣がなくなってきています。
噛む動作が増えるような食事にしてみると良さそうです。

 

適度な水分補給は口腔内の乾燥を予防することができます。
糖分を含む飲み物は虫歯の原因になりますので、常温の水を飲むようにしましょう。

 

 

◆胃腸の機能低下

 

歯みがきもしているし、口腔内が乾燥していないのに口臭がある場合には胃腸の機能が低下している可能性があります。
口臭の原因が口腔内ではなく胃腸にあるパターンです。

 

子供は胃腸機能が未熟なため下痢や便秘をしやすく、胃や腸のなかでうまく消化されずに発酵してガスを放出することがあります。
病気のときは胃腸が機能低下しやすくなります。
子供の口臭が気になる場合にはお腹の調子も気にかけてあげましょう。

関連ページ

子供の生活習慣で口臭にはなるの?わが子は大丈夫?
子供は生活習慣の変化や悪習慣で口臭になります。こちらでダメな習慣をチェック!
口臭と病気の知識
子供は口臭になっても気づかず、大人が何とかしてあげなければなりません。こちらで病気かどうかの判断を!

ホーム RSS購読 サイトマップ